/html/modules/products/index.php?content_id=12 ウェーブクレスト(株) - SIA-4000/3000シリーズ
オシロスコープ&汎用計測器,インパルス&耐圧試験,EMC測定,電波暗室,測定用アンテナ
 
問い合わせ
Tel.048-764-9969
Fax.050-3488-9847
Email. info@wavecrestkk.co.jp

Wavecrest
ホーム  >  製品  >  Wavecrest  >  SIA-4000/3000シリーズ

 GIGAMAX Technologies

 
 

製品特徴

SIA シリーズ(4000/3600/3400/3300/3100 各C/D)は、オシロスコープは勿論、アイ・ダイアグラム、BERTテストを備えており、ジッタ、スキュー、立上り・立下り時間測定も可能な多機能なオールインワン型シグナルインテグリティ測定器です。そして、PCI Express、Fibre Channel、Serial ATA、Infiniband等の高速インターフェイスのコンプライアンスに関する全ての試験に準拠しており、ワンプッシュボタンによって測定値とともに、瞬時にパス/フェイルの判別を表示します。また、エントリーモデルなどすことなくジッタ測定が可能な唯一の計測器なのです。

対象デバイス

主な機能

オシロスコープ:
アナログ帯域幅 ~13GHz/~15GHz
TIA:
時間測定分解能 200fs

ツール

・オシロスコープ
・ジッタ解析
・ヒストグラム
・PLLアドバンス
・スプレッドスペクトラム
・ロックタイム
・データコム解析

デザインプロセスベリフィケーションを可能に

差動10CHまでのジッタやクロストークを同時測定可能、高速インターフェイスの多チャンネル評価やPLL等のクロックジッタ評価に最適なシステムです。 また、各種デバイスアプリケーションに対応しており、「Tail-Fit TM」や、「Accumulated Time Analyzer TM」という独自の解析手法によりジッタを解析することで、従来の測定器やICテスター、シュミレーションソフトでは不可能だった、デザインプロセスベリフィケーションを可能にします。

Easy to Setup

標準装備のソフトウェア"GigaView"は、PLL解析機能も備えており、今日の通信機器に多く使用されているPLLの搬送波周波数や減衰係数などの特性を、面倒なセットアップなしに、測定が可能となります。

機種別性能表

仕様
SIAシリーズ型番 タイムインターバル(TIA) オシロスコープ
Clock Data
4000 D 15GHz 12.5Gb/s 15GHz
C
3600 D 6GHz 6.25Gb/s 13GHz
C
3400 D 3.5GHz 3.5Gb/s
C
3300 D 2.5GHz 2.5Gb/s
C
3100 D 1.3GHz 1.3Gb/s
C
3000 P ※量産モデル。性能は上記3000シリーズに準ずる。

※チャネルカードの差し換えによって、上位モデルへのバージョンアップが可能です。
各モデル別の詳細につきましては、以下よりご覧いただけます。

異なる2つの測定手法の測定エンジンを併せ持ったデュアル設計
ウェーブクレストのSIAシリーズは、全ての測定チャネルに振幅エンジン(オシロスコープ)と、タイミングエンジン(タイムインターバル) の2つの測定ハードウェアを備えています。測定内容に従い、最適なハードウェアが自動的に選択され電圧方向、時間方向での、 高速高精度な測定環境を提供しています。

 

振幅エンジン(オシロスコープ)

特定の時間における電圧を測定します。電圧ヒストグラム、アイダイアグラム、立上り、立下り時間、オーバーシュート、アンダーシュート 等の一般的な電圧パラメータの測定。

 

タイミングエンジン(タイムインターバル)

特定の電圧における時間を測定します。周期やパルス幅、周波数、スキュー等や、ジッタ、Rj、Dj、Tj、DCD+ISI、Pj、ジッタスペクトラム成分の測定などの基本的なタイミング測定。

ジッタ測定に、トリガは不必要

SIAシリーズは、ジッタ測定をタイミングエンジンで行ないます。これは、タイミングエンジンが、振幅エンジンよりも時間測定に適していることと、オシロスコープではジッタの測定結果に影響を及ぼすトリガが必要となるためです。 ジッタのあるトリガを使うことで、測定対象の信号にトリガジッタの影響を与えることとなり、ジッタの原因解明を不可能にしてしまいます。例えば、トリガに存在するジッタと測定対象信号に存在するジッタが同期することにより、スコープ上で描画されたジッタはトリガジッタによりマスクされた状態となり、測定対象信号が持っているすべてのジッタを測定することが難しくなります。 その点、タイミングエンジンは、信号波形を再現しないのでトリガを使いません。設定された電圧閾値を横切るイベント間の時間を直接測定します。これは、トリガに同期したタイムベースにより電圧を測定するオシロスコープと異なります。トリガを使わないという事は、測定対象信号のジッタになんら影響を与えないという事を保証しています。 つまりSIAシリーズは、200fs という時間測定分解能を持った非同期型のイベント間(タイムインターバル)測定をランダムに実行し、いかなるジッタの原因も見逃すことなくジッタ測定が可能な唯一の計測器なのです。

 


SIA-4000D
SIA-4000D
SIA-4000Dスペック

NEW! SIA-4000D 詳細説明のページへ

15GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、振幅、立上り/立下り時間、周波数、およびパルス幅を完全に分析致します。 12.5Gbps迄のデータシグナルにおける、アイマスク・テスト、ジッタ解析、完全な診断を実行します。 いまや6Gbpsのデータシグナルのスタンダードとなりつつある、PCI Express Gen2や、12.5Gbpsのデータシグナルの解析に最適です。 チャネルを追加することで、データバス、もしくはビットクロックや多数のデータラインのメモリアプリケーションが測定できます。
SIA-4000C
SIA-4000C
SIA-4000Cスペック

NEW! SIA-4000C 詳細説明のページへ

15GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、PLL特性を分析致します。 立上り/立下り時間、振幅、周波数、パルス幅をひとつのツールで容易に測定が可能です。 チャネルを追加することで、ファンアウトスキュー、もしくは入力/出力ジッタのクロックの測定ができます。

 

SIA-3600D
SIA-3600D
SIA-3600Dスペック

SIA-3600D 詳細説明のページへ

6GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、振幅、立上り/立下り時間、周波数、およびパルス幅を完全に分析致します。 6.25Gbps迄の繰り返しもしくはランダムデータシグナルにおける、アイマスク・テスト、ジッタ解析、完全な診断を実行します。 (6Gb/sを越えるクロス・トークもしくは、周期的ジッタ(Pj)スペクトル評価においての診断には制限があります。) PCI Express、(1x、2x、4x)Fibre Channel、XAUI、Infinibandあるいはバックプレーンの完璧な分析を行ないます。 チャネルを追加することで、データバス、もしくはビットクロックや多数のデータラインのメモリアプリケーションが測定できます。
SIA-3600C
SIA-3600C
SIA-3600Cスペック

SIA-3600C 詳細説明のページへ

6GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、PLL特性を分析致します。 立上り/立下り時間、振幅、周波数、パルス幅をひとつのツールで容易に測定が可能です。 チャネルを追加することで、ファンアウトスキュー、もしくは入力/出力ジッタのクロックの測定ができます。

 

SIA-3400D
SIA-3400D
SIA-3400Dスペック

SIA-3400D 詳細説明のページへ

3.5GHz迄のクロック,PLL信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、振幅、立上り/立下り時間、周波数、およびパルス幅を完全に分析致します。PLL転送機能を評価します。 3.5Gbps迄の繰り返しもしくはランダムデータシグナルにおける、シリアルデータのアイマスク・テスト、ジッタ解析、完全な診断を実行します。 SATA, SATA II, PCI Express、(1x、2x)Fibre Channel, XAUIの完璧な分析を致します。SSCと一緒に信号を測定、またはSSC自体を評価します。 チャネルを追加することで、データバス、もしくはビットクロックや多数のデータラインのメモリアプリケーションが測定できます。
SIA-3400C
SIA-3400C
SIA-3400Cスペック

SIA-3400C 詳細説明のページへ

3.5GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調を分析致します。ツールを使う事によって、PLL転送機能、ボードプロットを評価出来ます。 立上り/立下り時間、振幅、周波数、パルス幅をひとつのツールで容易に測定が可能です。 チャネルを追加することで、ファンアウトスキュー、もしくは入力/出力ジッタのクロックの測定ができます。

 

SIA-3300D
SIA-3300D
SIA-3300Dスペック

SIA-3300D 詳細説明のページへ

2.5GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、振幅、立上り/立下り時間、周波数、およびパルス幅を完全に分析致します。 2.5Gbps迄の繰り返しもしくはランダムデータシグナルにおける、アイマスク・テスト、ジッタ解析、完全な診断を実行します。 PCI Express、(1x、2x)Fibre Channelの分析も完璧です。 チャネルを追加することで、データバス、もしくはビットクロックや多数のデータラインのメモリアプリケーションの測定ができます。
SIA-3300C
SIA-3300C
SIA-3300Cスペック

SIA-3300C 詳細説明のページへ

2.5GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、PLL特性を分析致します。 立上り/立下り時間、振幅、周波数、パルス幅をひとつのツールで容易に測定が可能です。 チャネルを追加することで、ファンアウトスキュー、もしくは入力/出力ジッタのクロックの測定ができます。。

 

SIA-3100D
SIA-3100D
SIA-3100Dスペック

SIA-3100D 詳細説明のページへ

1.3GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、振幅、立上り/立下り時間、周波数、およびパルス幅を完全に分析致します。 1.3Gbps迄の繰り返しもしくはランダムデータシグナルにおける、アイマスク・テスト、ジッタ解析、完全な診断を実行します。 PCI Express、Fibre Channelの分析も完璧です。 チャネルを追加することで、データバス、もしくはビットクロックや多数のデータラインのメモリアプリケーションを測定できます。
SIA-3100C
SIA-3100C
SIA-3100Cスペック

SIA-3100C 詳細説明のページへ

1.3GHz迄のクロック信号における、ランダムジッタ、ディターミニスティックジッタ、トータルジッタ、変調、PLL特性を分析致します。 立上り/立下り時間、振幅、周波数、パルス幅をひとつのツールで容易に測定が可能です。 チャネルを追加することで、ファンアウトスキュー、もしくは入力/出力ジッタのクロックを測定できます。
SIA-3000P
SIA-3000P
ATEシステムとスタンド・アロン・プロダクション試験適用のために特別に設計された、 初のシグナル・インテグリティ・アナリシス装置です。

SIA-3000P 詳細説明のページへ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:42 平均点:4.29
前
高精度ジッタ測定器
カテゴリートップ
Wavecrest
次
SSAシリーズ

製品情報
Wavecrest © 2018 All rights reserved.