/html/modules/products/index.php?content_id=50 ウェーブクレスト(株) - ソーラモジュール絶縁試験器
オシロスコープ&汎用計測器,インパルス&耐圧試験,EMC測定,電波暗室,測定用アンテナ
 
問い合わせ
Tel.048-764-9969
Fax.050-3488-9847
Email. info@wavecrestkk.co.jp

Wavecrest
ホーム  >  製品  >  Hilo  >  ソーラモジュール絶縁試験器

ソーラモジュール絶縁試験器

IEC61730-2 準拠

PG10-200
  • コンパクトデザイン :
    453×320×520 mm (W×H×D)
    重量・・・22kg
  • IEC準拠した精密なテストインパルスの発生
  • パルス・フォーミング・ネットワーク採用

 ソーラ(太陽電池)モジュールの国際規格であるIEC61730-2 10.5項(ImpulseVoltageTest)に準拠した標準サージ電圧波形1.2/50μsをソーラーモジュールに印加し、モジュールの絶縁状態を試験します。 ソーラーモジュール内部の銅箔被覆は比較的高いコンデンサで約10-183nFです。このような高いコンデンサの異なるEUTに対し指定したインパルス波形を発生させることが出来るので、多様な寸法のソーラーモジュールのテストが可能です。 また高電圧パルス・ジェネレーター回路には7つの異なるパルス・フォーミング・ネットワークを採用することで、精密なテストインパルスを作り出すことが可能になっています。 操作は、極めて容易なフロントパネルオペレーションキーにより、IEC準拠した試験を安全・確実に行えるように設計されています。

セパレータ絶縁不良検出

リチウムイオン電池生産ライン用セパレータ絶縁不良検出が可能です。 電解液注入前のリチウムイオン電池素子における、金属粉の混入・ピンホール・傷などによるセパレータの絶縁不良を、独自のインパルス技術により、検出します。

  • 耐圧試験器や絶縁抵抗計では発見しにくい絶縁不良を検出
  • 微弱なエネルギーのインパルス印加により被試験体へのダメージを最小化
  • 量産工場の高速タクトに対応

● 検出方法

  1. 電解液注入前のリチウムイオン電池素子にインパルス印加
  2. 試験時間中の印加エネルギー(電圧波形)を常時モニタリング
  3. 残存エネルギーの除電

 

パルスフォーミングネットワーク Cp=10-183nF
Area EUTキャパシタンス EUTキャパシタンス・レンジ
0 15nF 10-16nF
1 22nF 16-27nF
2 33nF 27-40nF
3 47nF 40-57nF
4 68nF 57-83nF
5 100nF 84-122nF
6 150nF 123-183nF

 

仕様表
外形寸法 (W)453×(H)320×(D)520 mm
重量 22Kg
電源 230V, 50/60Hz
インパルス出力電圧 調整±5% 0.5-10kV (PG10-200) / 1.0-12kV (PG12-360)
インパルス出力電圧波形 上り時間1.2μs±30%, 下り時間50μs±20%
最大蓄積エネルギー Cs 250J (PG10-200) / 360J (PG12-360)
外部トリガー入力 10V@1kΩ, 外部トリガー出力 : 10V@1kΩ
充電時間 10秒

 

標準付属品

本体ケーブル,HV接続ケーブル,キー,操作指示書

オプション

・ ジェネレーターのリモートコントロール用PCソフト(WindowsXP)
・ PCインターフェース USB/RS232

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:29 平均点:5.17
カテゴリートップ
Hilo

製品情報
Wavecrest © 2018 All rights reserved.