/html/modules/support/index.php?content_id=3 ウェーブクレスト(株) - Clock, PLL, Oscillator
オシロスコープ&汎用計測器,インパルス&耐圧試験,EMC測定,電波暗室,測定用アンテナ
 
問い合わせ
Tel.048-764-9969
Fax.050-3488-9847
Email. info@wavecrestkk.co.jp

Wavecrest
 


デバイスとシステムは、タイミングマージンにおいてきつく制約される、1Ghz操作周波数を超え つつあります。同期における全ての重要な要素を保つため、システム設計者はタイミング リファレンスの品質を提供するための高精度なPLL回路をとても信頼しています。

PLLデバイスへの信頼性が増すほどに、我々はデバッグ、評価、同位相システムテストのより良い方法を学ばなければなりません。 Wavecrest SIAシリーズは、PLLデバイスのデバッグや評価、テストに比類なく適しています。 SIA シリーズは、高信頼性の測定と、たくさんの情報量をもったより高度な解析アルゴリズムを併せ持ち、今日の市場で最も包括的なPLL解析ソリューションを供給しています。

SIAシリーズは、DJ,RJ,PJ 隣接したサイクルジッタ,デューティーサイクル,スルーレート,電圧特性とPLLループレスポンスを含むPLLデバイスの全ての重要な特性の測定ができます。


ヒストグラムがノンガウシアンのとき、1シグマの値はRandom Jitter (RJ) を正確に表現していません。弊社が特許を取得している"TailFitアルゴリズム"によって、ヒストグラムからDJ, RJ 要素を分離します。(Figure1)

 


Figure1

 

信号の長期信頼性を見て、ある決まった時間の後、または特定のBERにおいて、Total Jitter(TJ)を計算します。 (Figure2)

 


Figure2

 

一度DJ成分が決定されると、Periodic Jitter(PJ)を定量化するModulation解析ツールを使用します。FFT画面は、ジッタのスペクトル量を示します。 この画面は、ジッタの周波数成分を迅速に示し、ジッタの原因箇所を簡単に特定します。(Figure3)

 


Figure3

 

 


::: 発表論文 :::
■ Transfer Functions For The Reference Clock Jitter In A Serial Link:
Design Con 2005での発表論文。 「シリアルリンクにおけるリファレンスクロックジッタの為の転送機能について : PCI Expressにおいての理論とアプリケーション」(PDF 521KB)
 
■ Transfer Functions For The Reference Clock Jitter In A Serial Link:
ITC2004での発表論文。 「シリアルリンクにおけるリファレンスクロックジッタの為の転送機能について : 理論とアプリケーション」(PDF 752KB)
 
■ Comparison and Correlation of Signal Integrity Measurement Techniques.
Design Con 2002での発表論文。 「シグナルインテグリティ測定技術の比較と相関」(PDF 539KB)
 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:15 平均点:4.67
前
アプリケーションノート一覧
カテゴリートップ
アプリケーションノート
次
PCI Express

Wavecrest © 2018 All rights reserved.