/html/modules/support/index.php?content_id=6 ウェーブクレスト(株) - HDMI
オシロスコープ&汎用計測器,インパルス&耐圧試験,EMC測定,電波暗室,測定用アンテナ
 
問い合わせ
Tel.048-764-9969
Fax.050-3488-9847
Email. info@wavecrestkk.co.jp

Wavecrest
   
 

次世代テレビ向けのインタフェース規格 「HDMI」
◆  HDMI とは
HDMIとは、「High-Definition Multimedia Interface」の略で、デジタル映像インタフェースのデファクトスタンダードであるTMDS(Transition-Minimized Differential Signaling)ベースで構築されたディスプレイ接続技術のDVI(Digital Visual Interface)を、AV向けに仕様をアレンジしたものであり、日立製作所、松下電器産業、Philips、Silicon Image、ソニー、Thomson Multimedia、東芝の7社と、高速シリアル伝送用半導体メーカのSilicon Image社が策定した次世代テレビ向けのインタフェース規格です。仕様策定を行う組織は2003年4月に立ち上げ、12月に最終仕様がまとまっていたものです。

従来より、PCとディスプレイの接続には DVIデジタル接続規格が存在していますが、HDMI はこのDVIをさらに発展させたものです。今まで機器間の接続に、ビデオ、オーディオ、コントロールの各信号用に複数のケーブルの使用が余儀なくされてきましたが、これからはHDMI によってケーブル1本で済みます。また、コントロール信号は双方向の伝送に対応しているため、モニターからHDMIで接続されたSTBや、DVDプレーヤーの様な機器にコントロール信号を中継する事で、ひとつのリモコンでホームシアター全体の機器を操作する事が可能となるのです。

Silicon Imageによると、昨年出荷されたデジタルセットトップボックスの30%がDVIを採用。今年は50~60%がHDMI対応になる見込みとのこと。またDVDプレーヤーに関しても、すでにMERIDIANが対応しているほか、TAG McLarenからもHDMI対応機が登場する見込み。日本でも2004年秋以降に発売されるDVDプレーヤーは、普及価格帯の製品も含めて多くの製品にHDMI端子が装着される見込まれます。さらにデジタルHDTVは2002年、40~60%がDVIを装着済み。今年は70~80%がHDMIへと移行する。日本国内では米国のスピードとまでは言えませんが、HDMIを推進しているベンダーの多くは日本企業であり、普及に関しては時間の問題とも言えるでしょう。


 

◆ ウェーブクレストの HDMI コンプライアンステスト
一般に、デジタルオシロスコープでは、HDMIのコンプライアンステストを実行するEyeマスクの測定に約10分を要し、またその得られたジッタ測定値の信頼性は、わずか10-4(3σの信頼性)しか意味していません。そしてこれは、長時間に渡っての動作を保証するものではありません。 ですが、WAVECRESTのSIA-3000シリーズを使用すれば、Eyeマスク測定はもちろんのこと、TailFitアルゴリズムにより10-12(14σの信頼性)でのジッタ測定が、約1秒で終了します。

これは、開発環境だけでなく、デバイスメーカー、ケーブルメーカー、コネクタメーカー、そしてシステムメーカーにおいても、非常に高い信頼性とスループット生産性を提供するものです。どこでも、誰とでも接続が可能、動作を保証するためのインターオペラビリティが実現されるのです!

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:17 平均点:5.29
前
Fibre Channel, Gigabit Ethernet
カテゴリートップ
アプリケーションノート
次
FB-DIMM

Wavecrest © 2018 All rights reserved.